スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ぴぐにゃん
 
[スポンサー広告
パニック発作が起きたときは・・・
風邪が治って来たぐらいに、夕方にお散歩にいきました。

10分くらい歩いた時、だんだん気持ち悪くなってきて 
自分の唾液ですらおかしい感じて 吐きそうで吐きそうで 
 普通に立ってもいられない状態になってしまいました。

今までは歩いていて、だるくなって低血糖の状態になることはよくあるけれど
パニック発作とも違う、こんな状態になったの初めてでした。

この時から、また一人で散歩するのをやめてしまって
しかもこの場所を通るのがちょっと怖いと思うように・・・。

粉4

とにかく、吐かないように上を向いていたかったので(実際は絶対に吐かないけど)
道路で上を向いて寝ていました。

どんくんが、自動販売機に行ってる間に 
おばちゃんが来て 「あらあら、大丈夫かね」と心配されてしまったので 
寝てもいられず どんくんに、おんぶしてもらってなんとか家に帰りました。


発作
家に帰ると、水も1滴も飲めず 倒れこんでしまった私。

パニック発作が起こりそうな・・・嫌~なかんじになり

ぴぐにゃん:「発作起こりそう~・・・ どんくん手つないでよー・・・。」

発作時の感じは、寒気して体が震え、手が冷たくなって吐き気がして苦しくて怖いんです。
手をつないでもらうと、手のぬくもりが温かくてとても安心します。
というか、誰かに手をつないでもらわないと不安でたまらなくて
外で一人で発作が起こったときは、見ず知らずの人に手をつないで・・・とお願いしてしまうかもしれない
それぐらい、苦しくて不安な気持ちになります


どんくん:「大丈夫だよ そんなに顔色悪くないよ」

私が初めて発作を起こしたときは、どんくんもびっくりして夜中、緊急病院に連れて行ってくれたんだっけ。
そんなどんくんも、何度も発作を起こしてる私を見てるので対処もなれてきたらしい。
(絶対吐かないし、発作で死ぬことはないと分かっているから安心してるのかな)

発作2

どんくん:「せっせっせーの よいよいよい♪ 」

発作3

どんくん:「アーループースいちまんじゃーく こやりのうーえで 
    アルペン踊りを さあ踊りましょ♪ 」


何をしだすのかと思ったら、私が子供のときにやっていた手遊びアルプスいちまんじゃく
どんくんにも教えてあげて、夫婦でたまにしてたんですー

それを、発作しそうな時にやり始めたのでした。


発作4
↑どんどん、早くなる!


おかげで、気がまぎらって ひどい発作にならなくて済んだのでした

ごはんが食べれなくなって、1ヶ月の間に3回ぐらい発作が起こりそうになりました
1度は、元気になろうと栄養ドリンクを飲んだら
食道がスースーしちゃって吐き気が出ちゃって発作になっちゃいました
今は食べれるようになったけど、はちみつもダメでした
食道をゆっくり通っていくのが気持ち悪くて。




話は変わるけど、明日インフルエンザの予防接種を受ける予定です!

小さい頃は原因不明な熱や風邪症状で病院にいつもかかっていたような子供だったんですが
小学校にあがってからはインフルエンザにかかったこともなく?
インフルエンザの予防接種をしたことがないので 初めてで怖いです(副作用とか)
あまりに緊張して、パニック発作もでなければいいんですが・・・
あーあー
大丈夫かなぁ 考えすぎないように、頑張ってきたいです


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村
応援してもらえると嬉しいです
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Posted by ぴぐにゃん
  trackback:0
[適応障害とPD]  thema:パニック障害(PD) - genre:心と身体
trackback URL
http://ohisamagasuki.blog4.fc2.com/tb.php/263-e2f0587f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。